建材と構造における工夫|予算に合わせて建てる注文住宅のメリットとは

建材と構造における工夫

一軒家

鉄やコンクリートで

山地の多い日本では、その分樹木も多いため、住宅は古くから主に木材で作られていました。木材は硬いにもかかわらず切ったり削ったりしやすいので、住宅の建材として適しているのです。ところが日本は、地盤の形状から、地震が比較的発生しやすい地域と言えます。そして木造住宅は、加工しやすい木材で作られている分、揺れにはやや弱いのです。しかも近年では、大きな地震が発生する可能性が高くなってきているため、多くの人が地震に強い家に住むことを希望するようになっています。地震に強い家は、具体的には鉄やコンクリートなどで作られています。いずれも、木材と比較すると加工しにくいのですが、その分頑丈なので、揺れの影響を受けにくいのです。

筋交いの代わりにパネル

また木造住宅でも、特殊な工法によって地震に強い家にすることが可能となっています。一般的に木造住宅では、まずは縦方向に柱を立て、それぞれの柱の間に筋交いと呼ばれている木材を設置します。筋交いは、柱の補強のために設置されるのですが、これを木材ではなく一枚の大きなパネルにすれば、柱は一層しっかりと補強されることになります。筋交いの代わりにパネルを設置するだけで、木造住宅は地震に強い家になるのです。鉄やコンクリートは、先述したように加工しにくいため、これを使って住宅を建てた場合、建築費用が多めにかかります。しかしパネルを使った木造住宅なら、比較的安く建てることが可能です。その点からも、この工法は注目されています。